プロフィール

binchotan

Author:binchotan
昭和40年兵庫県生まれ。
10年間勤務した銀行の破綻後、
紀州備長炭の修行で
平成12年和歌山に移住。
現在は熊野古道近くの
山奥に居住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

「杣人(somabito)」の紀州備長炭 徒然
元銀行員が炭焼きの里から見た世の中
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカピカ備長炭
紀州備長炭は現在では主に姥目樫(ウバメガシ)という樫の木の一種で、
国内の樹木の中でも最も硬いといわれる木を原木として焼きあげられます。

因みに、
高知の土佐備長も同じく姥目を原木に
そして、
宮崎の日向備長は樫を原木に
焼かれております。
土佐備長は同じ姥目ですが焼くときの窯へは横積めするところが
紀州との大きな違いです。

さて、備長炭を手にしたことがある方ならその硬さがいかなるものかご存知でしょう。
紀州の備長炭は中でもその硬度が一番高く、
つまり、
めちゃくちゃ硬いわけですが、
だからこそ磨き上げるとピカピカに光り輝きます!!

【ピカピカ備長炭/サイズ:直径約5cm、長さ約2cm】
道楽ピカピカ1
お取引先からの依頼で太めの備長炭を2cmに揃えてカットし磨き上げました。

最近ピカピカ度がかなりUPしてきましたが、
目指すはiPodの背面。
iPod&pikapika2


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://somabito2008.blog90.fc2.com/tb.php/11-ca316a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

twitter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。